今日の散歩道(192)~キンカン

ミカンより少し遅れ夏に花を咲かせて結実、寒さが厳しくなるこの時期に色づき始めて、間もなく熟して黄金色に成ります。 この近辺のお宅でも、この様に庭に植え育っているのを、よく目にします。

中国の揚子江流域が原産地で、中国では黄金色のミカンという意味でついた「金柑」が中国名です。日本では、それを音読みして「キンカン」と呼び、馴染み深い果実のひとつで、これから果実売り場の店頭に並びます。

キンカンはビタミンCに富み、その他の栄養分も豊富で、咳や喉の痛みに効果が有るとされ、風邪の予防や美容と健康に効果があるとして様々な商品にも加工されています。

そのまんま東が知事時代にトップセールスした宮崎県は日本一のキンカン産地、圧倒的なシェア―を占めており、間もなく1月15日の出荷解禁日を迎えます。

山仲春男

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です